新規顧客開拓を効率化させる営業支援クラウドツール

新規を仕組みで売上アップ 新規営業ビルダー

お電話でのお問い合わせ:
03-5312-6833
受付時間:
平日10:00~18:00

導入事例

導入事例インタビュー

アド印刷株式会社 様

企画・制作・印刷物製作全般・メーリング事業全般・WEBソリューション事業など幅広くプロモーションの支援しているアド印刷株式会社様に導入の背景などについて伺いました。

Accessで顧客情報、商談情報を記録していたが、社内報告用でしかなく、営業活動に活きる状態では無かった導入前

― 新規営業ビルダー導入前はどういう課題を抱えていましたか?
Accessに営業情報・商談情報を記録し、pdfに出力し、社内回覧をしていました。日報としては機能していましたが、過去の営業情報を、次の営業活動へ活かすという循環がつくれていませんでした。結局は、顧客と対峙した時に得られた情報というのが、各営業しか持っておらず、属人化している状態でした。その時に、付き合いがあった会社が使っており、薦めて頂いたという経緯もあり、導入を決定しました。

導入前の課題

Accessに登録した情報が日報のためになっており、
次の営業活動に活用ができていなかった

  • ●各自が営業情報を保有し、共有がされていなかった
  • ●Accessでの管理だったため、外出先からのアクセスができなかった

導入後の効果

社内報告用でしかなかった営業報告が、
営業活動に直結する活きた情報として
活用できる仕組みが作れた。

  • ●スケジュール共有で、各自の訪問数が一画面で網羅的に把握できるようになった。
  • ●訪問数の量的管理をできるようになった。その結果、訪問数を意識した営業活動を各営業メンバーができるようになった。
  • ●一方、訪問数が足りていない営業メンバーには、早めに改善策を求めたり、アドバイスをする事ができるようになった
  • ●日報のためだけだった営業報告が、今は先読み、振り返りの情報として循環活用ができるようになり、全社の売上アップにつながっている

2.導入後の利用浸透へ向けた工夫

― 導入後、利用促進・浸透に向けて工夫されていることはありますか。
  • 新規営業ビルダーへ営業活動の履歴を残す上で、履歴の登録が定着するか心配がありました。そこで、現場の営業メンバーへの負担を抑え、登録を定着させるために、作業的な内容は一切かかず、”営業に使える価値ある情報のみに絞って”新規営業ビルダーへ登録をするようにルール作りをしました。
  • 当社では、翌週のアポイント20件を、前週の水曜日までに埋めることを目標に営業活動していますが、スケジュールをみて、埋まってないメンバーがいた場合には、営業TOPから個別メールで連絡が入るようになっています。
  • それ以外で言うと、TOP画面に営業がよく使う媒体まとめサイトなどのURLをまとめておくことで、営業メンバーが毎日新規営業ビルダーを活用できるように工夫をしました。

3.今後サービスへ期待していること

― 今後、新規営業ビルダーへ期待している機能やサポート内容などありますか?
  • 現状は、訪問した会社から受注までの営業活動を新規営業ビルダーで管理していますが、訪問前段階の顧客管理を進めていきたいと考えています。そのため、御社(ターゲットメディア)でどういう活用をしているか、他社でどういう風に活用をしている教えてもらいたいです。

アド印刷株式会社
http://www.ad-printing.co.jp/
事業内容 マーケティング企画・制作・印刷物製作全般・メーリング事業全般・WEBソリューション事業
従業員数 167名
導入時期 2014年7月〜

新規営業ビルダーについてもっと詳しく知りたい!

5〜20名の中小企業、中小営業組織が多く利用する
新規営業ビルダーについて、詳しく知りたい方はコチラから