新規顧客開拓を効率化させる営業支援クラウドツール

新規を仕組みで売上アップ 新規営業ビルダー

お電話でのお問い合わせ:
03-5312-6833
受付時間:
平日10:00~18:00

導入事例

導入事例インタビュー

株式会社あつまる(旧名:株式会社ケセラセラジャパン) 様

ホームページの制作や活用、いろんな媒体も含めた集客のボトルネックの分析・改善など、集客につなげていくための『集客コンサルティング事業』をワンストップで行っている株式会社あつまる(旧名:株式会社ケセラセラジャパン)様に「新規営業ビルダー」導入の背景や効果について伺いました。

他社の管理ツールが機能しなかった理由

― 弊社のサービスを使っていただいている導入のきっかけを教えていただけますか。
あつまる 三谷様 もともと御社から営業を受けていたのですが、当時お付き合いしていた会計事務所の方から「こんなツールありますよ」とMicrosoft Accessベースの管理ツールを紹介していただいて、その導入コストが非常に安かったので、そちらに惹かれて、導入しようということになったのですけれども、ターゲットメディアさんみたいな導入支援ということはなくて、導入したはいいけど全く使われませんでした。
― 一度、他のシステムを導入されたのですね。

三谷様 そうですね。1回試してみたという感じはあったのですけれども、結局、使われずに。その間も御社からはコンスタントに連絡いただいていたみたいで。失注されているにもかかわらず、きちんと連絡とってくださっているというところも含めて、じゃあもう1回、会社が大きくなるというタイミングでシステムの導入というのは絶対に必要だろうというところで、ぜひ御社にお願いしてみようとなりました。
― 最初に導入した管理ツールが使われなかった理由はどういったところにあったのでしょうか。
三谷様 恐らく御社でもかなりそういう経験はおありかと思いますが、営業さんがシステム導入というのを非常に嫌う傾向にあるみたいで。そこが強かったのではないかと感じます。
― 現場、営業様からの反対があった、だから定着せずにやめてしまったという事ですね。もう一度やってみようかとなった、きっかけとしては何が強かったでしょうか。
三谷様 上の者が口をそろえて言っていたのが、「このタイミングで、さっと使えるのが大事だ」ということで、全社的にしっかりやっていこうと。
― なるほど。経営層で、ちゃんとやっていこうという話しになったということですね。
三谷様 そうですね。それがほぼ同タイミングで、今から改修(カスタマイズ)も視野に入れて、しっかり運用をスタートしましょうということで再スタートしました。

導入前の課題

  • ● 導入コストが非常に安かったアクセスベースの管理システムを導入したが、結局、使われず定着しなかった。
  • ● 社内における制作依頼書などにかかわる更新履歴はお客様ごとにエクセルで別管理していたため、とても大変だった。

導入後の効果

情報共有が仕組み化されることで…

  • ● システム利用がしっかり定着し、売上高の成長率は毎年130%を維持。
  • ● 制作依頼などをシステムの「アクション機能」で行うことで、依頼や更新の履歴管理などがとても効率化された。

新規営業ビルダー導入後の効果は

― 実際に使って頂いて、どのような効果が出ましたか。
三谷様 そうですね。売上高でいうと導入後、毎年130%以上の成長を続けております。株式会社あつまる(旧名:株式会社ケセラセラジャパン)4期目になる昨期、6月で締めだったのですけれども、従業員も50名超えて、グループ売り上げが4億8000万を超えました。
従業員が増加している中で、この成長率を維持できているのも、しっかりとしたシステムがあったからこそと感じております。
― ありがとうございます。導入した頃、御社は何名ぐらいの規模でしたか。
三谷様 導入のタイミングでは15人くらいですね。
― ありがとうございます。現在は3倍以上ですね!導入にあたって社内で工夫されたことはありますか。
三谷様 御社にもお越しいただいた社内の運用開始式、あれがまさにそうかなと思っております。いろんな方々から導入するタイミングって、すごく、なあなあになってしまって使われなくなるという話を聞いていましたので、だったら完全に全社的なイベントにしてしまって、今日からやりますよということを全社員に意識づけするのが重要と思い開催させていただきました。
― なるほど。確かに私はほかの会社、何社も導入時の説明会を拝見させていただいているのですが、御社の場合は、本当、セレモニーというか、今日からこのシステムを使っていきますという式典のようなかたちでされていていましたね。あのぐらいやると、利用者もしっかり使わなければならないという意識づけがされますね。

日常の運用の工夫

― 日々の運用で工夫されていることはありますか。

三谷様 うちは制作依頼書といった社内の書式があるのですけれども、つい今月から、その更新の部分の依頼書をアクション(新規営業ビルダーの機能)でやってみようということで、アクションの機能を使って更新の依頼書、ホームページの更新についての依頼書を運用ということで試してみているのはありますね。
― ワークフロー部分をアクションを使って運用されているイメージですか。
三谷様 そうですね。書類自体は出すだけなのですけども、結局、更新なので、そのあと制作部からできましたよということや、できあがったものをチェックして、修正があるならもう1回戻す、なければそれを営業担当ないしはお客様に窓口から投げるといったフローになりますので、そういった履歴を全部アクションに残していけるというのは非常にいいなということで、活用させていただいております。
もともとはその履歴もエクセルで管理していたので、お客様ごとに更新内容を確認しては履歴を残しつつ、それとは別に依頼書を作っていかなければいけないので、本当に大変だったので。そういうものが全部アクションに1本化されて、窓口の担当はすごく楽になったと申しております。
― そのように営業外業務も新規営業ビルダーで一元化する事で見る機会が皆様も増え、利用が進みそうですね。

今後の目標や展開

― 現在の事業内容と今後の株式会社あつまる(旧名:株式会社ケセラセラジャパン)様としての展望や目標をぜひお聞かせ願えればと思います。
三谷様 今の事業内容は集客コンサルティング事業といいまして、ホームページ制作はもちろん、そのホームページをどう活用するか、ホームページ以外のいろんな媒体等も含めて集客全体に対し、どこがボトルネックになっているかを分析して、改善ミーティングを重ねて、しっかりと集客につなげていくというサービスを提供させていただいております。そのほか実際に運用や制作といったところで、ネット広告の運用とホームページなどのデザイン制作までワンストップで行えるところが弊社の強みです。
― 主に一番得意な業種・業態はブライダル系になるのですか。
三谷様 そうですね。ブライダルは一番ノウハウもたまっていますので、間違いなく業績向上できる自負はございます。
― ほかの業界に向けての展開というところはいかがですか。
三谷様 医療業界の採用といったところで考えております。今、病院様も患者の方とナースの方の人数割合によって補助金などもだいぶ変わってくるようです。ただ、現状としては紹介会社などに頼るというのがほとんどらしく紹介料が非常に高いという悩みに対して、自社媒体で集客できる仕組みを作る支援をしています。
― 今、伸びている医療系に目をつけたということですね。具体的な目標やビジョンがあれば、お聞かせ下さい。
三谷様 そうですね。
弊社は企業理念で会社の目指す将来像として、「なぜか惹かれる、どこよりも頼りになる―日本一モテる100年企業を創る」というビジョンを掲げております。今までのホームページ制作といったところから、もっともっとお客様のニーズである集客のコンサルティングというところでも、活路を広げていって、100年以上ずっと求められ続ける、本質をしっかり伴った企業に成長していきたいと考えております。新規営業ビルダー含めて、そういった土台作りというのが今のタイミングだと思っています。そのためにも、新規営業ビルダーをより使いこなして、しっかり礎にしていきたいと思っています。
― ありがとうございます。

資料請求はこちら
株式会社あつまる(旧名:株式会社ケセラセラジャパン)
https://atsu-maru.co.jp/
事業概要 集客コンサルティング事業
従業員数 85名(2017年9月時点)
導入時期 2011年9月〜

株式会社あつまる(旧名:株式会社ケセラセラジャパン)様

新規営業ビルダーについてもっと詳しく知りたい!

5〜20名の中小企業、中小営業組織が多く利用する
新規営業ビルダーについて、詳しく知りたい方はコチラから