新規営業ビルダーでできること・強み

営業会社が「修正し続けた」

フロー

営業会社が「修正し続けた」
新規営業ビルダーとは、営業会社であるファインドスターで生まれて修正し続けてきた、
日本初、新規営業専用のシステムです。(新規営業専用システム市場No.1
株式会社ファインドスター
■ダイレクトマーケティング支援事業(ニッチメディア部門No.1 2012年ダイヤモンド経営者倶楽部マネジメント・オブ・ザ・イヤ-受賞)
■新規営業ビルダー事業(システムによる新規営業支援事業)
■グループ会社:4社
■設立:1996年12月
■グループ社員数(パートナー含む):約150名
■支社:関西営業所:九州営業所
■加盟団体:社団法人日本通信販売協会(JADMA)
     :日本地域広告会社協会(JLAA)

ファインドスター売上推移

実はファインドスターは新規営業ビルダーを導入する前、新規営業の以下のような課題を持っていました。

  • □ 新規の営業が属人化している
  • □ 新人が新規で売れるまでに時間がかかる
  • □ 人を増やしても売上が増えない
  • 営業をしくみ化したいが方法が分からない
  • □ 売上の見込管理をしたい

導入前イメージ

受注後の管理をするシステムはあるものの、
受注前の課題を解決してくれるシステムはありませんでした。

「リスト管理」、「商談共有」、「テレアポ」、「マーケ管理」、
「ヨミ管理」、「ネタ管理」・・・

新規営業で当たり前のように聞く、上記の業務に対応した機能がなぜ無いのでしょうか。
調べてみると、日本には「新規営業」を行なう企業は0.97%と、
かなりニッチな市場であることが分かりました。

実は、日本には「新規営業」を行なっているBtoB企業向けのシステムが無い。
この事実を知り、なぜ、今まで導入したシステムが弊社に合わなかったのかを理解しました。

それでは、自社で新規営業に特化システムを開発て改善し続けようと、
2009年に新規営業ビルダーを開発して、修正し続けてきました。

導入後イメージ

試行錯誤の末、総額、かなりのコストを投資し続けてきまして、徹底的に新規営業に特化した機能を磨きつけて来ました。
機能を増やすのではなく、新規営業に特化した一つの機能を磨き続ける、ここにこだわりを持っています。

新規営業ビルダーには、新規営業に必要な様々な機能が実装されています。
そして、その機能は実際に、今、この瞬間もファインドスターの営業マンが使い続けて
修正され続けている機能なのです。

結果として、ファインドスターは2009年より毎年130%の成長を続けることができました。
同じお悩みを抱えている新規営業を行う企業様、まずはお気軽に資料をご請求下さい。

興味段階でも、ご担当者様で無くても、お気軽にご相談下さい。

無料デモ

資料請求

導入事例ご紹介